ごあいさつ

ようこそおいでくださいました。

「おばけずかん絵手紙」は、「おばけずかん」の兄弟です。本家のインターネットデビューは1998年ごろのはずですから、7歳ほど年下の弟、ってことになります。

作者は、ろくろ首の首が伸びる様子を想像するだけでドキドキしちゃう、という、おばけファンです。暇さえあれば、おばけのことを考えています。馬鹿じゃなかろうか、と、本人も思います。でも、とめられないのです。

周囲の人たちは、なんでそんなもんがそんなに好きなのか、ってギモンを抱いているようです。私としても理由は説明できません。ともかく、そっちへ行ってしまうのです。

何かが好きだ、ってのは、とても個人的なことなんだと思います。隣にいる人と共有するのは難しい。

ゲゲゲの目玉親父がお椀で気持ち良さげにお湯を使うのを見て「泣けるなあ」と思い、ゴジラの咆哮が天に轟くのを聞いて怪獣にあこがれ、天狗の跳躍を想像しては爽快な気分になる。

なんというか、おばけの話は、身体の底に響くのです。どーん。ずーん。じーん。え、あなたもそうですか? わあ、うれしい!

というわけで、めっちゃくちゃ真剣に作っておりますが、たかがおばけの話です。あまり立派なことを期待しないで楽しんでください。

おばけ万歳!
(まてよ、「♪おばけは死な〜ない〜」んだった…)


2006年夏
作者・おばけファン
望月美英子/Mieko Mochizuki Swartz


追伸: 
感想、はげましのお便り、そのほかのご連絡は、 owner@obakezukan.netまで。


 © 2006 Mieko Mochizuki Swartz. All rights reserved