031 生命あるパイ 2

マザーグースのからすパイには、神話的解釈を徹底的に拒む、つまらない説明があります。

イギリスのパイは、上下の皮で中身をはさむ形に作られます。これをオーブンで焼くと、具の水分がぶくぶくと煮だって、上下の皮の隙間から汁が漏れ出し、オーブンの中がべとべと焦げ付くだけでなく、できあがりのパイの見栄えも悪くなります。これを防ぐため、パイの皮に穴を開けて蒸気を逃がし、かつ皮の中央がどよーんと下がるのを防ぐ小さな道具が考案されました。

こんなんです。陶器製。高さ10センチ程度。これをパイの中へ仕込んで、上の部分を外へ出しておく。

蒸気が穴から出てる感じが、鳥が上を向いてさえずっているように見えるので、pie birdと呼ばれ、鳥の形に作られることが多かったそうです。なんでもコレクターもいるそうで、古いものは結構なお値段がつくのだとか。

で、王様用のパイは王様サイズなので、パイバードが24個も必要なほどの大きさであった、と。

え〜! なんたる合理主義。面白さ全滅〜!

でも、マザーグースのほうが、こういう調理器具より古いんじゃないの? っていう漠然とした疑問が残ります。からすパイの詩が文字として記録された資料の中に出てくるのは18世紀ぐらいからだそうですが、原型はもっとずっと古くて、少なくとも中世だ、という話です。こういう意味不明の記述は、確かに古そうな感じがするじゃありませんか。

「パイから飛び出す化けがらす」と、「パイをきれいに焼きたいという欲望」の歴史の古さの勝負です。さて、どっちが古いでしょう。

無論、こんな難しいことは、私の手にあまるので、考えるのをやめますけど。

2007年1月


 © 2007 Mieko Mochizuki Swartz. All rights reserved