もとのページへもどる

<唐傘おばけ>

もとが生物じゃないので、においはあんまりなさそうです。強いて言えば、湿った油紙のにおい。

<河童>

水のにおい。沼のにおい。昔話には、くさいっていう記述がよくありますけど、水と一体化してる河童は、においはあっても、くさくないだろうと思います。

<垢なめ>

真剣にくさそう。

<ゴジラ>

海のにおい。土のにおい。火薬のにおい。ゴジラは興奮すればするほどくさくなる、っていう感じがします。

<がしゃどくろ、ガイコツの類>

腐敗なんていう段階はすっかり超越して、乾いた土のにおい。

<天狗>

天狗はきちんと定期的に身体を洗っているはずです。衣は、お香が焚きしめてあるかもしれません。

<目々連>

においはナシでしょうね。カビっぽいかも、とも思いますが。

<化け猫>

猫なので、お風呂には決して入らないでしょうが、ちゃんときれいにしてるはず。

<ぬらりひょん>

お風呂に入ったあとでもビミョーに生臭そう。

<バケ狸、バケ狐>

普通のけもののにおいが強くなった程度。

<人魚>

魚と同じで、海のにおい、水のにおい。でも人魚の肉は、食べると臭そうな気がします。いえ、私は出されても決して食べないつもりですけど。

<のっぺらぼう>

深夜の温泉旅館の大浴場で「こんな顔だったかね」をやるのも似合いそうなので、こいつはこまめにお風呂に入ってると思います。

<ゾンビ>

うわー、くさそう。蛆もわいてるだろうし、絶対近寄りたくない。

<雪女>

こういう生活感ないオバケは、においもなさそう。雪女が入ってとけちゃったお風呂がくさかったら、昔話がめちゃくちゃです。

<さとり>

こいつはくさいかも。酸っぱい系の、いや〜なにおい。

もとのページへもどる