016 亀は万年

亀は万年生きる、って言います。ほんとに一万年かどうかはともかく、すんごく長命なのだそうです。200歳の亀なんてよくいる、ということです。

その上、長く生きれば生きるほど、体が大きく、強くなる。小さいうちは弱くてすぐ死んじゃうのですが、長く生きたやつは、ちょっとぐらい環境が悪くても大丈夫。卵もどんどん産んで、元気いっぱい。

うらやましいです。わたしたち人間は、古くなってくると、知恵はつくかもしれませんが、体はガタが出る傾向です。亀みたいに、ずんずん強くなれたら、さぞかし愉快だろう、と思います。

世界観が根本的に違ってくるんじゃないかなあ。

亀は、恐竜のころから地球に住んでた動物です。大先輩です。人間なんて、亀に比べれば、卵から出たばかりでまだ羽毛が濡れてるヒヨコです。世界中に絶滅寸前の種類もたくさんあるようですが、そんなとこを含めて、何を考えて暮らしてるのか、ぜひ聞いてみたいものです。

また。

2006年8月


 © 2006 Mieko Mochizuki Swartz. All rights reserved